息子氏といっしょ

シンプルライフ、無印良品が好きで丁寧な暮らしに憧れるも遠い日々

ママが楽できる!クローゼットを移動させよう!

f:id:eshke:20181222090940p:plain


私は几帳面でも綺麗好きでもないのに、部屋がごちゃつくとイライラしてくる性格で、たまに夜中に起きだして引き出しとか整理したりしてます。(←翌朝部屋の違和感を感じる旦那)

 

そんな私が職場復帰を前にして気がかりだったことと言えば、

さて、家事回せるんだろうか、、、?ということ。時短ワーママとして社会復帰するにあたり一番のライフハック!と感じたリビングクローゼットについて書きます。

 

目次

 

生活動線をぶち壊す子どもファースト!な生活を改めたい!!

夫婦時代にできあがってた生活動線をぶち壊す産後の子どもファースト!な生活。

思い当たる節ありませんか?

  • 寝室のクローゼットは、息子が就寝する20時過ぎ〜翌朝まで、立ち入り禁止状態

  • そのため夜に脱いだ服、洗った服はリビングで待機する
  • 日中は息子がべったりで、クローゼットへ行くことができないため、待機中の服はリビングに待機したまま

  • 結果クローゼットは週末にはカラッポ!かわりにリビングに服が溢れる

→クローゼットの意味あるのか!?

 

ワーママや小さい子どもさんがいる人ならわかってもらえる困りごとじゃないでしょうか?

 

ファミリークローゼット

そんな時に出会ったのが、

【コラム】一部屋まるごとファミリークローゼット ー洋服収納ー - OURHOMEを運営されている整理収納アドバイザーEmiさんの本でした。

 

Emiさんは、家族の洋服をひとつの部屋にまとめた「ファミリークローゼット」を紹介されています。玄関近くの一つの部屋にクローゼットをまとめることで、洗濯→収納が楽になるというものです。

一部屋きれいに収納ケースが据えられていてとても機能的で素敵です。

 

これをお手本として我が家はリビングクローゼット化に着手しました!!

 

我が家のリビングクローゼット

リビングクローゼットとは、私が勝手に名付けました💦由来は、リビングに接した部屋にクローゼットを設けた!という安直なモノ。

間取りにもよると思いますが、ぜひご興味持っていただけたら嬉しいです!

 

リビングクローゼットのできるまで

クローゼット候補地を探す

生活動線からクローゼットを決めることに。

まず息子氏が寝る寝室は無し。

玄関近くの空き部屋をクローゼットにしようとすることも検討しましたが、収納ケースなどを大量に必要とするので、保留。

そして行き着いたのが、リビングと接した部屋でした。

奥行きの浅い備え付けの収納棚には、なぜか来客用の布団が無理矢理入っておりパツパツ。逆にこの奥行きの浅さが服にはピッタリ!?

そこで、ここをクローゼットにすることにしました。

②全ての服を集める

寝室のクローゼット、別部屋には普段着用しないスーツやコート、収納ケースには旦那のゴルフやらスポーツ用品。家に点在していた衣類がポロポロと見つかりました。結構あるものです💧でもこれで物量が把握できました。

③仕分け

オンオフシーズン、一軍とそれ以外と仕分け。寝室のクローゼットより狭くなったことで随分と物量スリム化になりました。

④収納

棚板を移動させて基本ハンガー吊り下げ収納メインにしました。夫婦お互いの服が一目瞭然。

 

リビングクローゼットのメリデメ

メリットがたくさん!生活動線が整う
  1. リビングと接しているので朝の着替えが楽!息子を置いて部屋を離れる必要がなく、無駄に泣かれない!
  2. 洗濯後の収納が楽!ベランダからリビングに取り込んで、仕分けして収納という流れが生まれます。
  3. 一時置きした服のリセットも楽!クローゼットがリビングに接してるので疲れてても頑張れます笑
  4. お互いの服をひと目で把握出来ること。本来のクローゼットより狭いため物量も調整できた!
  5. お洋服の無駄な買い足しがなくなった。必要な買い物ができるように。

 

4、5については思わぬメリットとなりました!

 

デメリット・課題は?

リビングクローゼットを始めてそろそろ半年以上経過しますが、今のところデメリットはなく、今後も継続していきそうです。

一つ課題としてあげるなら、息子の服をどうするかでしょうか。一人で着替えができるようになったらどうしようかなと考えています。

できたらリビングクローゼットでいっしょに、と思いますが夫婦の物量をこれ以上スリム化できるか。。。?試行錯誤しながらクローゼットを育てて行きたいです🎶

 

まとめ

リビングにクローゼットを設けるのは、間取り次第で難しい場合もあると思います。

でも生活動線を第一に考えると、備え付けのクローゼット以外の場所を検討するのはとてもおススメですよ!

是非一度検討してみてください。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村