ぐるりについて

シンプルライフに憧れるも遠い日々、気になることをいろいろ

MUJI HOTEL GINZAに宿泊してみて

ずっと気になっていたMUJI HOTELに宿泊しました。

こんなコロナ下でわざわざ都心に出るのはどうなのか、、、と悩みつつも、無印好きとしてはどうしても泊まってみたくて行ってきました。

 

事前にサイトでも散々見ていたものの、木の落ち着いたフロントにはじまり、館内が静謐な感じでした。

 

客室のタイプはA〜Iまで。私はEに宿泊しました。

親子3人なので、A〜CとHは定員2名でアウト。親子3人で泊まれるD〜Gで悩みに悩みました。

Dは窓辺に机があるため窓が小さいので却下、二段ベッド仕様のお部屋もいいかなぁーと惹かれたものの(旭川OMO宿泊時のお部屋に似てると思い直し)畳敷きと窓の大きなタイプEにしました。35平米で細長い形の客室です。

f:id:eshke:20201109160420j:plain

サイトの見取図で、もしかしてうなぎの寝床(表現が古い)的なのかなーと思ったら、大人2人と幼児1人での宿泊には十分な広さ!天井が高いのでいっそう広く感じるのかも。そんなことで写真もついつい縦に撮っています。

個人的にホテルのカーペットが苦手で、スリッパも極力履きたくない派。なので今回のお部屋は畳敷きの続きにベッドがあって裸足で上がれるので、とてもリラックスできました。子どもはベッドでコロコロ、ソファから畳にコロコロとしてはしゃいでて楽しそうでした。

f:id:eshke:20201109160423j:plain

うなぎの寝床疑惑の廊下は実際は笑っちゃうくらい長いです。でも外の通路からも距離が取れるため部屋が静かとも言えます。ベビーカーも余裕で入れました。

f:id:eshke:20201109160410j:plain

f:id:eshke:20201109160404j:plain

お風呂場も清潔で石の感じが素敵です。あとはシャワーの水圧がもうちょっと高かったらなぁーと。

写真に撮り忘れたのですがアメニティも無印良品で充実していました!スリッパもお持ち帰りOKで使わなかったアメニティはしっかりいただいて帰りました。

f:id:eshke:20201109160359j:plain

Bluetoothのスピーカー、アロマディフューザー、コーヒーメーカー(ポーションで飲むタイプ)は販売されているもので、手に取って使えるのもいいし、お部屋にあったらこんな感じなんだなぁと実感。

棚の本や写真集はきっと部屋ごとにセレクトしてくれてるのかと。どんな本を置いてくれてるのだろうと!?早速チェックしてしまいました。子どももいたからか?絵本もありました。

f:id:eshke:20201109160415j:plain

お茶菓子やドリンクももちろん無印で、お得な気分です。

静かでリラックスできる満足な部屋ですが、あえて難を付ければ大きな窓からの眺望は残念ながら。。。銀座にあるので仕方ないとはいえ、窓を開けてもとくにきれいな景色や夜景が見えるわけではありません。窓とカーテンがあるだけで開放感は感じられましたが。

 

そして、フロントを抜ければすぐに店舗につながってるという、無印良品好きにはたまらない素晴らしさ!!店舗もとても広くて、全商品置いてあるのでは??という感じ。隅から隅まで見て回りました。本気でこのままここに住みたい。

 

また何かの折には泊まったみたいと思えるホテルでした。