ぐるりについて

シンプルライフに憧れるも遠い日々、気になることをいろいろ

子連れ海外旅行 スペイン〜マドリッド3日目

帰国の日。ホテルでの朝食。

 

ビュッフェ形式でフルーツ、チーズ、ハム多めのラインナップです。

お昼以降はバルになる、おしゃれな店内。窓からはグランビア通りが見渡せます。

個包装されたコーンフレーク、スコーン、小瓶のはちみつジャムなどなど海外のパッケージは可愛らしくてわくわくしますね。

クロワッサンやパン類も美味しかったです!

改めてスペインの食事はオイリーと聞いていたけど、たしかに間違いなく。胃もたれするというよりだんだん食べることに疲れる部分もありました。

フルーツはあっても生野菜が少なくて、さっぱりとしたお味が恋しい。

 

昼便での帰国のためホテルの前からタクシーで空港へ。

空港までは一律料金30€、30分くらいで到着しました。明朗会計が嬉しい。

帰りもポーランド航空で。

ギリギリにならないと開かない航空会社の窓口。

 

荷物を預けて空港内に!牛のオブジェ。

スタバの飲み物がセルフ式なのは一般的ですか?

お土産コーナーでお買い物したりのんびり過ごしました。

 

途中乗り継ぎのポーランド空港。

飲み物が足りず、喉がちょっとイガイカ。

飲み物とのど飴を調達。

海外ののど飴はよくわからない!龍角散たくさん持ってこればよかった。

余っていたユーロでお買い物したらお釣りがポーランドのコインで返ってきた。。。

休憩スペースには可愛らしいワゴンが。中はテーブルがあって飲食できるのですが、先客がいたので外観のみ。

ポップな休憩スペース。

機内食が出るのはわかっていたけど、お腹がすいたので軽食を。

水餃子みたいなのはポーランド料理のピエロギ。

肉や野菜、フルーツ入っているものもありました。

私達はスタンダードなお肉のピエロギ。

コンソメ風味で優しい味付けで、ほぼ水餃子。美味しかった!!体に染み渡る。

往路は北極を通過したけど、復路は中国の上を行きました。

最後の機内食。ポトフっぽいご飯が美味しかった〜

 

成田への到着は夜の22時。お疲れ様でした!!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村