息子といっしょ

むすいつ シンプルライフに憧れるも遠い日々

浜松のオススメは?東名高速降りてすぐのドロフィーズキャンパスに行ってみた

f:id:eshke:20190428000021j:plain





関西方面へ泊まりで出かけることになり、子どもも小さいため中継地として浜松で宿泊することを決めたものの、

 

「浜松って、、、うなぎパイ?」

 

「ハンバーグのさわやかへは行きたいけど、えっと、他には??」

 

(大変失礼を承知で)そもそも浜松って何があるんだろう??状態のわたし。

 

困った時のことりっぷで調べたところ、

どツボのおしゃれスポットを見つけました!!

 

東名高速 浜松西I.C.から車20分

浜松駅から車40分

自然と

インテリアと

のんびりカフェ

が揃ったドロフィーズキャンパスです!!

 

 

ドロフィーズキャンパスとは

静岡県浜松市北区都田町2698-1

と言われても全く土地勘がなくイメージさえ湧かなかったのですが、行ってみるとのどかな田園風景の広がる場所でした。

 

【アクセス】

東名高速 浜松西I.C.から車20分

浜松駅から車40分

天竜浜名湖鉄道 都田駅からは徒歩で行けるようです。

 

〜北欧の暮らし・スローライフが体感できる場所〜

がコンセプトの施設群だそうです。

 

何があるの??

  • 北欧雑貨の販売
  • カフェ
  • 蔵を改装した本屋
  • マリメッコグッズのファブリックの販売
  • 宿泊施設  ※15歳以下宿泊できません。
  • 芝生、ブランコ、花壇などの自然

 

詳細は⇨http://dlofre.jp/art/

 f:id:eshke:20190427235121j:plain

キャンパスと名が付いていますが、個人的には「村」「集落」みたいだなぁーと思いました。

ここだけ世界観が、ぽっと出ていて北欧の生活に浸れます。

 

おススメの施設

  1. カフェレストラン「ドロフィーズカフェ」
  2. 蔵で旅するbook store  
  3. マリメッコのファブリックが圧巻!!
  4. 白のMINKA

 

ドロフィーズカフェ

f:id:eshke:20190428000825j:plain

いくつか飲食できるお店があるのですが、私はここに決めました。周りの庭にはブランコがあったり花が咲いていたり自然に囲まれています。外観は倉庫??って感じですが、店内は広く天井も高く、内装も照明もおしゃれ。

おしゃれーな店ですが店員さんも気さくで子連れもホッとできる空間です。もう一つ子連れに嬉しいのはストッケ トリップトラップが用意されていたこと!おかげで息子もテーブルを囲むことができました。※トリップトラップの扱いがあるようです。しばらく本気で購入を考えました。

 f:id:eshke:20190427235131j:plain

 

蔵で旅するbook store

急な階段の先には小さな蔵。蔵を使った本屋さんです。見た目通り小さい正方形のお店なのでのんびりはできませんが、「本と蔵」って合う!!二階は畳敷きになっていて店内の本を読むこともできます。屋根裏部屋で読書、いいですね。

 

マリメッコのファブリック

f:id:eshke:20190428000150j:plain

石畳を進んだ先に、マリメッコのファブリックだらけのお店がありました。ここだけにしか扱いのないテキスタイルもあるそうで、これだけあればそうだろうなーと納得。無性に何か作りたくなってきますね。「はぁ、こっちも」「いや、こっちも」と目移りします。目移りしすぎて最初に見た柄を覚えていられません。
 

白のMINKA

ドロフィーズが手がける宿泊施設です。小さな民家をコンセプトに10室あるそれぞれのお部屋の内装が違うんです。どれも素敵。。。

ここに宿泊しよう!!!と思ったらまさかの15歳以下は宿泊できないという。。。どうりで内装、調度品がおしゃれな訳ですよね。

あー息子が大きくなるまであと10数年はムリなの(T_T)

そして大きくなった息子は一緒に泊まってくれなさそう。

 

ドロフィーズキャンパスに行ってみて

自然がたっぷりで、芝生やブランコでのんびり、カフェでのんびり、雑貨を物色して、インスタ映えする、目の保養にもとてもいい場所でした!

マップを見たときはどれだけ広いのかしら😅回れるところだけ、と思いましたが実際にはそこまで広くなく歩けます!

 

芝生や傾斜をそのまま活かした店舗の配置なので、ベビーカーだと少し移動に苦戦するかもしれませんが、トイレにオムツ替え設備があるのは安心ですね!

歩けるようになった息子を連れてまた行きたいなぁと思います。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村